• 日本語
  • ENGLISH
  • 한국어
  • 中文

神戸海洋博物館

− KOBE MARITIME MUSEUM OFFICIAL WEBSITE −

館内紹介

Floor Layout

国際港湾都市 神戸と共に歩む博物館

国際港湾都市「神戸」の歴史はもとより、船や港の仕組みや役割、さまざまな先進技術が投入された船艇の展示を展開。
また、神戸港の開港以来、その歴史とともに歩んできた川崎重工業が企業博物館「カワサキワールド」を隣接展開。

1Fエントランス・ロビー
1Fエントランス・ロビー
壁面に広がる陶板による船の変遷や近代神戸港の開港を号砲で祝った、イギリス軍艦ロドニー号の巨大な模型が、海・船・港の歴史の旅へと誘います。世界に広がる姉妹・友好港、都市も紹介。
1F展示室
1F展示室
船の仕組みやクルーズ客船の魅力。神戸港の施設や役割などについての展示コーナーがあります。航海計器の実物、ジオラマ模型、映像、グラフィックなどで分かりやすく紹介しています。
カワサキワールド
カワサキワールド
神戸の地で生まれ、1世紀以上の歴史を持つ川崎重工グループの企業博物館。陸・海・空に展開されるテクノロジーの歴史・現在、そして未来を「見て」「触れて」楽しく体験出来ます。
2F展示室
2F展示室
古くから天然の良港といわれ、瀬戸内海の要衝として栄えた神戸港の歴史を展示。移り変わる神戸の「港」と「街」の様子を船具などの実物をはじめ、ジオラマ模型、グラフィックなどで紹介。
マリタイムシアター
マリタイムシアター
180インチの大型スクリーンと立体音響システムを備える、全33席(車いす席2席含む)のシアターです。神戸港の歴史、海・港・船をテーマに興味深い映像を放映展示。
屋外展示場
屋外展示場
神戸港を臨むメリケンパークでは、「阪神淡路大震災」で崩れたメリケン波止場の一部を「神戸港震災メモリアルパーク」として保存。

1F エントランス・ロビー

見学エリア

歴史の。そして未来へ。

エントランスで来訪者を迎えるのは、現代へと至る海運の歴史を彩り活躍してきたさまざまな船が象られた陶板製のレリーフと、1868年の近代神戸港開港を、その号砲で祝ったイギリス軍艦ロドニー号の縮尺1/8スケールの巨大な模型が、海・船・港の歴史の旅へと誘います。 また、日本で最初にイタリアは「水の都」ベニスから輸入され、結婚式などの祝事に使用されていた6人乗りの大型ゴンドラの実物、帆船時代に航海の安全を願って舳先に信仰の対象や魔力を持つものの像を取り付けた船首像(フィギュア・ヘッド)などを展示。ロビーでは神戸港に入港したクルーズ客船の写真、世界に広がる姉妹・友好港と都市も紹介しています。

1F エントランス・ロビー 1F エントランス・ロビー 1F エントランス・ロビー

1F 多目的ホール

1F 多目的ホール

1階メインエントランスから右側に位置する「多目的ホール」では、港の知育、港や海に関する講演、神戸港に関する会議やセミナーのほか、映画会やボトルシップ教室の開催など、催事・イベントを始めさまざまな企画展・特別展を展開。椅子、テーブルなどは全て可動式のフリーレイアウトなので、利用目的に合わせてフレキシブルに対応できます。ホール周辺には車いすが必要な方や、高齢者、ベビーカーとご一緒のお母さんなどにも安心してご利用いただけるよう「エレベーター」や「多目的トイレ(ユニバーサルシート)」「ベビールーム・授乳室」も装備。

見学エリア

1F展示室 「現代から未来の神戸港」

海・船・港をもっと身近に感じられるように。

1階展示室は「現代から未来の神戸港」をテーマに、「船の仕組み」や、クルーズ客船の楽しみ方や船内での過ごし方など「クルーズ客船の魅力」を紹介。神戸港の主要施設はじめ、神戸港で取り扱われている暮らしに必要で身近な輸出入品など、「海・船・港」のいろいろを航海計器の実物、ジオラマ模型、映像、グラフィックなどで分かりやすく紹介しています。中でも大小200点以上が展示されている船型模型は、古いものは昭和初期に製作されたものもあり、国際港湾都市として発展した「神戸」と「神戸港」の歴史と当時の賑わい・迫力を感じることができます。また、「神戸海洋博物館」は港に建てられた博物館なので、館外に出ると、展示の「ジオラマ」と実物の「コンテナターミナル」や「コンテナ船」を比較して見られるので、「海・船・港」が私たちの生活に深く関わっている事を実感する事ができます。

1F展示室 「現代から未来の神戸港」
1F展示室 「現代から未来の神戸港」 1F展示室 「現代から未来の神戸港」
1F展示室 「現代から未来の神戸港」 1F展示室 「現代から未来の神戸港」
0型新幹線
見学エリア

カワサキワールド

陸・海・空を楽しく体験。

「カワサキワールド」は、船舶・鉄道車両・航空機・モーターサイクルなどを、日本を始め、広く世界へ向けて最新のテクノロジーを送り出している川崎重工グループの企業博物館。多彩な製品群を約14mの曲面ワイドスクリーンにてダイナミックな映像で紹介する「カワサキワールドシアター」、「Kawasaki」の歴代のマシン・レース車など数多くの実車を展示した「モーターサイクルギャラリー」、船舶の進水式や新幹線・航空機等ができるまでの様子を迫力の3面マルチ映像で紹介する「ものづくりシアター」や、客室や運転室、操縦席にも入ることができる「0系新幹線」「バートルKV-107Ⅱ型ヘリコプター」の実物展示、パイロット気分で神戸空港での離発着を体験出来る「フライとシュミレーター」、動きながら特長を紹介する「産業用ロボット」「未来の地球環境を考えた取り組み」など、小さな子供さんから大人まで、幅広い方にお楽しみいただけるよう趣向を凝らした展示を展開。1868年の近代神戸港の開港以来、1世紀以上もの時を共に歩み、造船業から総合重工業へと発展を遂げた川崎重工グループの創業の歴史から、陸・海・空に展開されるテクノロジーの歴史・現在、そして未来を「見て」「触れて」楽しく体験することができます。

カワサキワールドシアター MCギャラリー
ロボット バートル
見学エリア

2F展示室 「歴史からみた神戸港」

先人の知恵努力に学ぶ。

古くから天然の良港といわれ、瀬戸内海の要衝として栄えた神戸港の歴史を展示。時代と共に移り変わる神戸港と街の様子を、近代神戸港開港以前を「江戸時代までの船と港」として奈良〜平安〜江戸と時代を辿りながらジオラマ模型や和船模型、航路図、グラフィックなどで展示。1868年の近代神戸港開港と共に世界各国との間に航路が結ばれ、西洋文化到来の窓口として港と街の近代化が進み、国際湾都の礎が築かれる様子を「明治時代時代からの船と港」としてわかりやすく紹介しています。また、NHKの大河ドラマ「平清盛」ゆかりの地として話題となった「大輪田泊」「福原京」を研究資料を基にCGによる再現画像・映像などで、「幻の福原京」コーナーとして展示。平清盛の時代の「大輪田泊」の様子や「福原京」の位置関係、日本で初めての「人工島」と呼ばれている「経ヶ島」の埋め立ての様子を伺い知る事ができます。

2F展示室 「歴史からみた神戸港」
  • 2F展示室 「歴史からみた神戸港」
  • 2F展示室 「歴史からみた神戸港」
  • 2F展示室 「歴史からみた神戸港」
  • 2F展示室 「歴史からみた神戸港」

マリタイムシアター

見学エリア

学びながら、ほっとひと息

180インチの大型スクリーンと立体音響システムを備える、全33席(車いす席2席含む)のシアター。現在、通常放映している「平清盛の夢〜幻の福原京〜(13分)」「幻の福原京〜1180年 平清盛が行った神戸への遷都〜(3分)」の2本の映像作品の他に、坂本龍馬特別展に合わせての「港神戸の原点を探る」など、神戸港の歴史、海・港・船をテーマに興味深い映像を放映展示しています。開館時間内は常に放映しているので館内展示の順路の途中、観やすいタイミングで鑑賞することができます。「マリタイムシアター」の座席は座り心地も良いので、「海・港・船」の歴史やいろいろを学びながらの足休めにもどうぞ。大人向け・子供向けの番組で楽しく、わかりやすく構成していますので、ご家族そろってお楽しみください。

マリタイムシアター マリタイムシアター マリタイムシアター
見学エリア

屋外展示場

未来への遺産

神戸港を臨むメリケンパークでは、さまざまな観察やデータ採取を無人で行える自立型無人潜水機、三菱重工業(株)で神戸造船所で使用されていたトリガーなどを実物展示。また震災で得た教訓を後世に伝えることを目的に「阪神淡路大震災」で崩れたメリケン波止場の一部を「神戸港震災メモリアルパーク」として保存。併せて当時の被災の状況や復旧の過程、復興計画のあらましなどを、写真パネル、年表、模型・映像などで紹介しています。

トリガー装置
トリガー装置
船の進水式で船と船台を繋ぐ滑り止め役割を果たす装置です。このトリガー装置は三菱重工業(株)神戸造船所で約60年にわたり使用され、2012年3月9日の進水式で役割を終えたものです。
コンテナ船「らいん丸」搭載蒸気タービンエンジン
コンテナ船「らいん丸」搭載蒸気タービンエンジン
1971年に三菱重工業(株)神戸造船所で建造された大阪商船三井船舶(株)のコンテナ船「らいん丸」に搭載された船舶蒸気タービンエンジンの一部です。内部の仕組みが見えるように展示しています。
 
自律型無人潜水機「マリンバード」
自律型無人潜水機「マリンバード」
2000年に川崎重工業株式会社で製造された自律型無人潜水機(AUV:Autonomous Underwater Vehiecle)です。さまざまな観察やデータ採取を無人で行える水中ロボットです。
神戸港震災メモリアルパーク
詳しく見る
神戸港震災メモリアルパーク
震災で得た教訓を後世に伝えることを目的に、崩れた状態のメリケン波止場の一部を保存するとともに、神戸港の被災の状況、復旧の過程、復興計画などを写真パネル、年表、模型や映像で紹介しています。
館内フロアマップ

神戸海洋博物館内は撮影禁止となりますのでご理解くださいますようお願い致します。
博物館内は車いすが必要な方や、高齢者、ベビーカーとご一緒のお母さんなどにも安心してご利用いただけるよう各種設備を整えています。展示物の周辺にはスロープ、階段やトイレには手摺りを設置。2F展示室へはエレベーターをご利用ください。

1Fフロアマップ 2Fフロアマップ
神戸海洋博物館 Feel Kobe THE TERRACE OF KOBE PACIFIC カワサキワールド 阪神国際港湾株式会社 みなとの博物館ネットワークフォーラム みなと総局 PORT OF KOBE 神戸港 クルーズ客船情報 神戸港振興協会facebookページ