• 日本語
  • ENGLISH
  • 한국어
  • 中文

神戸海洋博物館

− KOBE MARITIME MUSEUM OFFICIAL WEBSITE −

ニュース

News

2020.12.18

『北斎が描いた舟』1月19日(火)~開催決定!



神戸海洋博物館では、2021年1月19日(火)~2月14日(日)まで、『北斎が描いた舟』を開催します。

flyer_北斎_omote_hflyer_北斎_ura_h

チラシPDFダウンロード

日本を代表する世界の浮世絵師「葛飾北斎」の作品と当館収蔵品和船やジオラマを紹介します。ぜひ、ご期待ください。

※葛飾北斎の作品は、パネル展示となります。

※本企画展は新型コロナウイルス感染拡大の防止策を講じた上で開催いたします。なお、感染症の今後の動向により、イベントの内容を変更または、中止、延期する場合があります。また、館内の3つの密を避けるため、入館者数の制限をさせていただく場合があります。詳しくは、当館HPにてご確認ください。


【会 場】神戸海洋博物館 1階企画コーナー
【日 時】2021年1月19日(火)~2月14日(日)
【時 間】10:00~18:00(最終入館17:30)
【主 催】神戸海洋博物館
【協 力】すみだ北斎美術館
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌日休館)
【観覧料】入館料のみ(大人900円 小人400円)
※その他、団体料金・割引等につきましては、当館HP(http://www.kobe-maritime-museum.com/ )よりご確認ください。

【展示内容】
日本を代表する世界の浮世絵師「葛飾北斎」は約70年間の画業で、数多くの作品を残しています。その中で船を描いた作品も多く、市場に鮮魚や野菜を運搬する船の様子や、荒波の海で漁師たちが奮闘する船の様子などが描かれています。当時の生活で欠かすことのできない存在であった和船(模型・資料約5点)と、当時神戸にあった「船たで場(ふなたでば)」を再現したジオラマ、葛飾北斎が船を描いたとされる同時代に活躍していた和船、または同種の当館収蔵品和船を紹介します。
神戸の港は「兵庫津」の名で呼ばれ、朝鮮半島や大陸との交易の拠点、国内の海上交通の要衝として、港は絶えず利用されていました。開港前から神戸港開港までの歴史もご紹介致します。

五大力船_

五大力船

image-08-12-20-12-18_t

羽賀瀬船

2021-01-08 10:22| Categories:イベント
神戸海洋博物館 Feel Kobe カワサキワールド 阪神国際港湾株式会社 みなとの博物館ネットワークフォーラム みなと総局 PORT OF KOBE 神戸港 クルーズ客船情報 神戸港振興協会facebookページ